­

内部DHCP

  • 社内モビリティ化による生産性の向上と不正接続防止を両立
  • IPアドレスをVLANおよび部門ごとに払い出し
  • どのデバイス / ユーザがどこで、どのIPで接続したかを認識
  • 有線および無線デバイスの接続制御と徐々にDHCPの割合を向上可能
  • 中央管理機能(Address Manager)から有線で固定と無線でDHCPのIPアドレスを統一的に管理
  • DNSとの相乗効果
  • IPアドレス払い出し時のDDNS更新およびDNSキャッシュへのポインタ
  • NACとの共存によって固定IPアドレスのデバイスからの不正接続防止