内部DHCP

  • 社内モビリティ化による生産性の向上と不正接続防止を両立します
  • IPアドレスをVLANおよび部門ごとに払い出し
  • どのデバイス / ユーザがどこで、どのIPで接続したかを認識
  • 有線および無線デバイスの接続制御と徐々にDHCPの割合を向上可能にします。
  • 中央管理機能(Address Manager)から有線で固定と無線でDHCPのIPアドレスを統一的に管理
  • DNSとの相乗効果
    • IPアドレス払い出し時のDDNS更新およびDNSキャッシュへのポインタ
  • NACとの共存によって固定IPアドレスのデバイスからの不正接続防止