IPAMの自動化

  • 業務ユーザがIPアドレスやドメイン名に関するトランザクションをカスタマイズ可能なポータルからリクエストが可能
  • 上記業務ユーザからのリクエストをサーバチーム、ネットワークチームによる承認後実施されます
  • 新しいデバイスの資産情報(MACアドレス、予約されたIPアドレスなど)を容易に登録可能
  • 上記のトランザクションが実施され、即座に全アプライアンスに配布および反映され、ネットワーク全体のIPアドレスの整合性を保つことによりミスおよびIPアドレスの重複を回避します
  • IPAM管理機能およびリポジトリとDNS/DHCPサービス実施の分離により、アプライアンスの性能に悪影響を及ぼすことなくIPAMレポジトリのデータ項目追加とカスタマイズが可能
  • 周辺システムや他のアプリケーションとの統合が容易