­

Windows®︎ DNS/DHCP置換; 安全第一

BlueCatはお客様が必要な限りMS DNSおよびMS DHCPを継続利用する選択肢を残し、かつこのようなお客様に対してもフルサポートいたします。

上記に説明したような組織的な問題が発生したとして、Windows DHCP/DNSを置き換えることを決定したお客様におきましては、まずはMS DHCPの置き換えから実施してください。この置き換えはリスクが低く、早期かつWindows担当チームから反対されることがあまりありません。

またこれにより得られる可視化と制御の恩恵は企業にとって重大なものとなります。

次のステップとしては、BlueCatは段階的な置き換えを推奨します。できる限り拠点毎のMS DNSの単位で実施することで、完全なDNS/DHCPとIPAMの制御およびデータ統合が実現でき、自動化とクラウドのより有効な適用が可能となります。