­

Windows®︎ DNS/DHCP置換; 議論

データの完全性

Windows DNSおよびDHCPからの置き換えを検討する企業にとって、社内全体の前提条件の把握はMSドメイン上のビジネス継続性とサービス可用性を確実に確保する要素となります。これはMSドメイン上の全てのエンドポイントのネットワークポジション(IPアドレス)に対してリアルタイムにDDNS更新をDNS権威上で処理する能力を要求します。エンドポイントの一部にはクライアントPCよりはむしろサーバーのように機能し、ローカルチーム内での非公式なコラボレーションのために必要なものも存在する可能性があります。

BlueCatのソリューションはMSドメイン上の全てのDDNSエンドポイントの更新をリアルタイムで収集し、それらの更新がDNSマスター(権威)に送信されていることを確認することができ、全拠点の全ての権限のある担当者がいつでも全てのサービスにアクセスすることができます。

組織と政治

Windows DHCP/DNSの置き換えはITプロセスとロールが進化する企業に向いていると考えます。もしサーバー管理チームとネットワーク管理チームが分離されている場合、インテグレーションは困難になる可能性があります。BlueCatのお客様がクラウドとオートメーションに移行する時、通常は組織の再編を実施してこれらのチームの連携を改善します。

自動化とクラウド

企業がクラウドオーケストレーションシステム(VRO, OpenStack, Terraformなど)や統合ビジネスアプリケーション(Ansible, Service Now, Taniumなど)との更なる自動化を必要とする時、Windows DNS/DHCPの手動処理によるボトルネックが問題となります。

自動化を成功させるためには、全てのDNSおよびIPアドレスデータの統合をリアルタイムに、かつ信頼できる唯一の情報源となる集中型のリポジトリ上で実施しなくてはなりません。このようなリポジトリの中より世界で最も大きな企業が提供しているものがBlueCat Address Managerであり、これはさらにハイブリッドクラウドネットワークを駆け巡るDNSやDHCPの中核となるサービス全てを閉じたループで完全制御する機能も提供しています。

コンプライアンス

Windows DNS/DHCPをグローバルに利用している企業は、ローカル制御を持つ傾向があり、レプリケーションを使用してグローバルな組織間の更新を送信しています。ここでRBACと自動ロールバックが無い場合、誤ったデータエントリーもレプリケートされ、ビジネス継続性を危険にさらすことになります。

BlueCatのRBAC、完全なレプリケーションおよびロールバックはお客様の組織を守り、BlueCat Cloud Agnostic DNS Updateが各拠点のチームにビジネス継続性への危険をさらすことなくローカルDNSデータを制御できる環境を提供します。