Microsoft DNS/DHCPの管理

BlueCat IPAMのGUIからWindows DNSおよびDHCPサーバの管理が可能です。
セキュリティ、データの整合性、パフォーマンス不足、コンプライアンスといった理由から、グローバル一流企業はDHCPやDNSをWindowsから堅牢なアプライアンスへの移行を徐々に進めています。
既存のWindows DNSおよびDHCPサーバを全て一斉に置き換える必要はありません。BlueCatのIPAMリポジトリを“元帳”として使用し、BlueCat DNS/DHCPアプライアンスと残りのWindows DNSおよびDHCPサーバを混在させて管理することが可能です。その後、アプライアンスへの移行を進め、ネットワークのパフォーマンスやセキュリティをさらに向上させる事が可能です。
BlueCatのWindows DNSおよびDHCPサーバの管理例として大手製薬会社の導入事例をご覧下さい。