BIND/Linuxサーバの管理

BlueCat Address Managerは、ヒドゥンマスターとゾーントランスファーを通じて、既存のBINDおよびlinuxサーバの管理が可能です。
BlueCat Address Managerによって、迅速に、かつコストを抑えつつ、内部および外部DNSに対する変更管理が可能となります。これによりミスの削減、ロールバックが可能となり、コンプライアンス遵守につながります。
BlueCat Address Managerによる管理下で、DNSの再設計が可能となり、サーバ数の削減、BIND/Linuxサーバから堅牢なBlueCatアプライアンスへの置き換えを行うことでパフォーマンス、可視化、セキュリティの向上につながります。