BlueCat DDIソリューションの位置付け

BlueCatのDDIソリューションは a) 企業のハイブリッドクラウドネットワーク上のIPアドレスデータおよびDNSデータの記録のシステムとして、そして b) 企業のDHCPおよびDNSのコアサービスのコントロールセンターとしての役割を果たします。BlueCatは隣接するネットワークやService Now、Ansible、Terraform、Cisco Cloud Center、VROなどのビジネスサービスのDDIオートメーションのプラットフォームとしての役割も果たします。

BlueCatはクラウドに作用するDDIソリューションプロバイダーです。BlueCatは私どものAPIファーストの戦略によって隣接するテクノロジーを活用します。

統合されたGUIとAPIから、BlueCatはオンプレミスとクラウドを跨る検知更新の両機能を提供します。

検知機能はオンプレミスとクラウドの両方からIPアドレストネットワークの割り当て情報をBlueCat Address Managerに収集します。  オンプレミスについてはこちら、クラウドについてはこちらをご覧ください。

更新機能はオンプレミスとクラウド両方の権威DNSデータの即時更新を可能にします。これらのDNS更新はクラウドオーケストレーションもしくはNFVシステムから呼び出されるAPIによって増大しています。

BlueCatのクラウドに関連するDDI機能は次のようにまとめられます

  • BlueCat DDI製品のDC、クラウド、CPE/ISR、ハイパーバイザー、SD-WANといったあらゆる場所への配置
  • 統合されたDDIのAPI/GUIによりあらゆるクラウドからIPアドレス割り当て/ネットワークを検知
  • 統合されたDDIのAPI/GUIによりあらゆるクラウドのDNS権威データを更新
  • 以下を含む、クラウドに作用するDNS名前解決のためのSD-WANのようなDNSリゾルバ
    • 複数の権威サーバをスキャンし名前解決するためのハイブリッドクラウドネームスペースの変更
    • クラウドコントローラーからのDNS応答ポリシーの設定
    • クラウドもしくはローカルのデータレイク/お客様のSoCへの全てのDNSクエリと応答の送信