システム・インテグレータ

csc

システムインテグレータによる30のデータセンタに渡るクラウドサービスの提供

概要と背景

CSCは次世代のITサービスを担うグローバルリーダです。企業のミッションは、最高水準の業界ソリューションと、その分野での高い知識、グローバルなスケールにより、クライアントの技術への投資に対し、より高い水準の効果を実現します。CSCは全世界に30以上のデータセンターを持ち、1,600万のインターナルIPアドレスに加え、1億6,000万以上の顧客のIPアドレスを管理しています。

目的

企業の、また顧客のIPアドレスおよびドメイン名の手作業による労力を削減する。ネットワークの透明性と安全性を確保する。自動化とIPAMプロセスの成功事例の再利用により、クラウド顧客への新しいアドレスの迅速な追加。

課題

  • IPアドレスのドメイン名の集中管理
  • マルチテナントおよびマルチロールによる管理の有効化
  • インフラストラクチャおよびIT管理のコスト削減
  • DNSへの攻撃によるサイバーセキュリティへの防御
  • DNSSECの利用によるDNSトランザクションの保護
  • 将来のため、IPv4およびIPv6デュアルスタックへの対応と拡張性確保
  • 膨大な数のIPアドレス、ドメイン名、ネットワーク上のデバイスの追加、管理の自動化

ソリューション

BlueCat Address Managerを使用し、IPAMを集中化し、マルチテナントおよび重複したIPアドレス空間の管理を実現します。BlueCatを使用し、IPAMの変更プロセスを自動化する事により、熟練していないスタッフでも、簡単に、安全に、ネットワークトランザクションが実行可能になり、DNSとIPアドレスの整合性を保証します。BlueCat Address Managerにより、グローバルに分散するBlueCat DNS/DHCP アプライアンスを中央で集中管理し、ネットワークの透明性および適合性の情報を統合化します。
BlueCatのDNSSECを使用し、DNSの強化を図ります。