大手製薬会社

roche

概要と背景

Rocheは6カ国50拠点で事業展開している従業員数150,000人以上の世界的な製薬企業です。

目的

品質保証され市場に提供される、知的財産の開発基盤として企業ネットワークを強化する。

  • グローバルネットワーク・セキュリティの即応性と機敏性を強化
  • 役割ベースの制御とすべての変更管理を含むコンプライアンス対応の強化
  • 仮想環境やクラウドなどのネットワーク投資対効果の向上
  • 買収時の企業ネットワークの統合と管理容易性の向上
  • IPAMデータ[IPアドレス空間およびIP情報、ドメイン名空間]の断片化および手動によるスプレッドシート管理によるビジネスリスクの軽減

課題

  • IPアドレスとドメイン名データのクリーニングおよび統合して中央集中で一元管理されたリポジトリへの移行
  • 初期段階のロールによる/段階的なアップグレード のリスク軽減
  • 既存資産のMS Windows DNS/DHCPサーバを活用したリプレイス
  • コンプライアンスと拡張性の為のIPAM管理とネットワークコアサービス(DNS/DHCP/NTP/TFTP)を完全に分離
  • 再設計無しに企業の成長と買収の両方に対応し数千万のIPアドレスと数億ものデータオブジェクトを管理することができるスケーラブルなアーキテクチャを選択

ソリューション

MicrosoftとBlueCat DNS/DHCPサーバの両方を制御するグローバルIPAMリポジトリとして、企業ネットワーク全体でBlueCat Address Managerを展開します。

可視性、追跡および企業ネットワークに接続するすべてのデバイスの制御を可能にします。(何処で、誰が/どのデバイスでどのデータに/どういったアプリケーションにアクセス可能)

コンプライアンスを強化し、役割ベースのアクセス制御および変更の追跡機能を活用することにより、ビジネスニーズの変化に対応するためのネットワークの能力を向上させます。IPアドレスとドメイン名アクセス/更新のために、BlueCat APIを用いて、IPAMリポジトリーと他の機能を確実に接続します。