教育機関

psu

迅速かつ安全に学生を知識・情報に接続

概要と背景

Penn State Universityは、米国内24キャンパスで160を超える専攻科目を95,000名以上の学生に提供しています。同大学は5,000以上のIPv4と500のIPv6ネットワークを含む、大規模かつ複雑なネットワークを保持しています。

目的

学生、教員のデバイスを自分達で速やかに登録し、専攻に関する学内の資産にアクセス可能にすること。迅速かつ安全に、仮想化及びクラウド化されたワークスペースを新規導入し、情報資産や研究プロジェクト・プログラムをホスティングすること。IPAMデータの完全性とアプライアンスの一元管理により支えられたプロセス自動化を通して、ネットワーク管理コストを軽減。

課題

  • IPアドレス重複やネットワーク停止を防ぐ強固なソリューションの提供。
  • ネットワーク管理初心者による変更を安全かつ安心に実施。
  • ネットワーク技術に関する専門的知識や手動プロセスへの依存を軽減。
  • ネットワークの急速な発展時にも、IPアドレスとドメイン名データの完全性を保護。
  • ゾーン内にIPv4とIPv6を混在可能にし、かつIPとドメイン名空間を一元的なコンソールから管理。

ソリューション

全てのIPアドレスとドメイン名空間をBlueCat IPAMレポジトリに統合しました。BlueCat Address Managerと IPAMのAPIを利用することにより、初級ネットワーク管理者向けに重要なプロセスを自動化し、IPアドレスの割当や、新規仮想サーバやワークロード用 のドメイン名変更などのネットワークに対するトランザクションを安全に実施可能にしました。Kerberos認証システムとの統合により、BlueCat がデバイスとユーザを関連づけることを可能にし、情報資産への未承認アクセスを排除し、学生と教員が安全かつ迅速に機器を接続することを可能にしました。 また、BlueCatのIPv4/IPv6デュアルスタックを利用することにより、全体のIPアドレスとドメイン名が統合されました。