政府機関/クラウド

大規模な”セルフオーケストレーション”と”セルフプロビジョニングクラウド”

概要と背景

80局以上の、それぞれ独自稼働のネットワークとシステムを持つ大規模な政府機関

目的

効率性を高め、セキュリティの強化と、完全な自動化とセルフサービスにより高速なネットワーク応答の実現、仮想プライベートクラウドベースの基盤。IPv6の導入を加速させ、完全なデュアルスタックとDNS64/NAT64をサポートする。

課題

  • IPとDNS空間の統合管理
  • 新規テナントの運用開始まで2時間以内のSLA
  • 仮想テナント(SDN、ルーティング、仮想FW、 仮想IPS)の論理的な分離
  • 動的なサブネットの作成
  • 複数の地理的サイトに存在する仮想インスタンスの管理

ソリューション

IPAMデータ管理とネットワーク・コア・サービスの実行を分離したBlueCatのアーキテクチャを活用しました。これによって、単一のBlueCat Address Managerのインスタンスによりクラウド上の複数のDNSおよびDHCPアプライアンスを管理することが可能になりました。

新しいテナント用の自動化されたIPおよびドメイン名のプロビジョニングをBlueCat IPAM サービスAPIを活用することにより、データ整合性を確保しながら、安全かつ迅速に行うことを可能としました。

BlueCat テナント運用開始時サポート:

  • DNSゾーンとIP空間
  • 仮想テナント空間
  • 各ネットワークのDHCPレンジ

BlueCatソリューションは以下を提供:

  • IPアドレスとドメイン名の集中リポジトリ
  • すべてのテナントに渡るIPアドレスとドメイン名の追跡と管理
  • すべてのデバイスへのIPアドレスの割当て
  • ネットワーク・コア・サービス(DNS/DHCP/NTP/TFTP)
  • 外部DNS(DNS / DNS64)